「大型ディスプレイ&デジタルサイネージ総覧2017」特別寄稿


空中結像
-スクリーン不要のバーチャルリアリティ-

株式会社コト
AirWitchチームリーダー
高橋 潤

はじめに

AR含めVRが注目を浴びている。それまでにもOculus Rift社がVR向けHMDを開発・販売しており話題には上がっていたが、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントが開発・販売したPlayStation®VRを皮切りに市場が一気に熱気を帯びたように思う。その他にも、Microsoft HoloLensやMagic Leapなど、現実と仮想世界が入り混じった複合現実を作り出す技術研究も、業界においてとてもホットな話題である。
一般ユーザーとしてVRに求めることは、「想像性豊かでクリエイティブな世界を楽しむ」こと。 あとは、仮想世界を主体とするか、現実世界を主体とするか、となる。 
仮想世界、現実世界、どちらを主体とするとしても、クリエイティブな世界を楽しむためには専用装置を装着し、視界をレンズで覆う必要がある。ゲーム好き、ガジェット好きな人々にとっては最高に楽しいツールではあるが、装置の装着となると、場所や時間が限られてしまったり、装着自体に抵抗を感じてしまったりする場合がある。 
 
そこで、特殊装置が装着不要で、現実世界と仮想世界をつないでくれる、気軽に楽しめるエンターテイメントツールを実現する手段として「空中結像」という技術がある。

空中結像とは 

通常、映像を表示するためにはRGBの光源を発光させて表示させるディスプレイ方式、RGB光源をレンズを通してスクリーンに投写させるプロジェクター方式がある。私達が映像を見る時は、ディスプレイを見ているか、スクリーンを見ていることとなる。 

しかし、空中結像はこのどちらでもない。空中ディスプレイは、スクリーンやディスプレイが存在しない空中に映像を表示させる映像表示方法である。しかも、裸眼で見ることができる。

スクリーンレスと実在感。

空中結像の最大の特徴は、スクリーンレスでの映像表示。
例えば、キャラクターを空中結像させると、キャラクターだけが空中に浮いているように見える。 周りにはスクリーンもディスプレイも存在しない。しかも、裸眼で見ることができるので、普段の生活の中で自然な流れでキャラクターと接触することができる。 
それはまるで、キャラクターがデジタルデバイスの中から飛び出して、私たちの生活と同じ三次元空間に存在しているかのような錯覚を引き起こす。あたかもそこにいるかのように、視線を感じ、呼吸までも聞こえてきそうな感覚。
 
加えて、空中結像に触れると動き出すようなインタラクティブ性を持たせると、さらに錯覚効果は高くなる。お客様(体験者)は、空中結像を目にすると頭の中で「映像に触れても何も起こらない」という思い込みが生まれるようだ。しかし、指で触れた瞬間に映像がインタラクティブ性を持って動き出すと、お客様の表情は一気に変わり、驚きと楽しいという気持ちが生まれる。 

リアル (実体物)とバーチャル(グラフィック)の融合

スクリーンレスであることは、リアルとバーチャルを融合できるという特徴を持つ。これは、空間上の三次元座標軸において、同じ座標位置に実体物とグラフィックを重ね合わせることができるということ。例えば、ローソクを例にとって説明してみよう。 ローソクは、芯が接続された蝋で出来たボディと、芯の周りを囲うようにメラメラと燃える炎で構成されている。このローソクからいったん炎の部分を消しさり、別途グラフィックデータとして炎の動画イメージを用意する。ローソクの芯の座標位置に炎の動画イメージを重ね合せると、あたかもローソクは本物の炎が燃えているように見えるのである。
弊社はMAGIC CANDLEというデモを作成し、バーチャルな炎が燃えるローソクは誰の目でも違和感なく見えるのかを調査した。

何名かのお客様に体験して頂いたが、お客様はローソクのボディと炎のどちらがリアルでバーチャルかを区別できずに混乱していた。バーチャルかどうかを確認しようと炎やボディに触れ、ボディのみ触感を感じてリアルであることに驚く。「炎がバーチャルなら、ボディもバーチャルかもしれない。」その思い込みと実際に触感を感じた時のギャップが大きい程、感じる驚きや感情の動きも大きくなる。 
他にも、バーチャルな炎にはエフェクトを加えることもインタラクティブ性を演出することも可能である。 指で炎に接触すると、突然爆発し、爆発の中から妖精が生まれる、といったような現実では起こりえない現象(ファンタジー)を演出することで更に驚きが生まれる。 

空中結像における楽しさの重要性

「空中結像」としての興味を引く外見。「触れる」という能動的な体験。そして、触れた結果「楽しい」という経験と感情は、お客様(体験者)の頭の中でポジティブなイメージを植え付ける。 これが、単に空中結像が表示されていて、映像を見るだけではお客様の心には何も響かない。「見る」から「触れる」という行為へ誘導し、直感的に「楽しい」と感じてもらえるコンテンツデザインでなければならない。 
「CMを科学する」という書籍の中で、商品やブランドの情報を長期記憶に残すための方法として、五感を刺激して、五感に訴えかけるようなメッセージにする方が良い、というようなことが述べられている。 五感への刺激に加えて、空中結像による驚きと楽しさ、そして「知的好奇心」を刺激することで、更にお客様の心に響くメッセージとなり得る可能性を秘めている。

組立式空中結像お試しキット

これまで裸眼で見える空中結像、スクリーンレスと実在感について説明してきたが、この空中結像を気軽に試せる環境を株式会社コトが提供している。㈱コトは、空中結像を手軽に試すことができるキット「AirWitch」を開発。2016年8月に数量限定で販売した(価格はiPhone版が1万円、iPad版が3万5000円*各税別)。
AirWitchとは、スマートフォンに映る全てを空中結像化してくれる組立式キット。キットにスマートフォンをさし込むだけで空中映像化できる。しかも、毎年スペックが向上するスマートフォンのセンサーを上手く利用することで、複雑なセンサー類を用いることなく、空中結像化したキャラクターにフィンガータッチできるようなインタラクティブなコミュニケーションを実現できる。 
アプリを準備すれば、いつでも空中結像コンテンツを用いた実験が開始できるという簡便さが好評のようで、現在既にSOLD OUTとなっているが、当書籍が発刊される時期には再販予定である。(AirWitch Official Website: http://airwitch.jp/)
 
追記:AirWitch for iPhoneはAirWitch STOREにて再販開始( https://airwitch.official.ec/ ) *2017年7月21日現在

最後に

空中結像は、VR、AR、MR、SRのような没入感高く、刺激の強い表現力は難しい。 
しかし、ブログがマイクロブログに変化し、文字数制限が俳句的な新たな表現を生み出したように。 6秒動画が生まれ、動画における時間制限が新たな表現を生み出したように。メディアが変わると表現手段も変化し、新たなコンテンツが生まれる。空中結像としての特徴を生かし、空中結像でしか味わえない、空中結像ならではのコンテンツ(体験)を提供していきたいと思う。 

[参考文献] 
・http://www.jp.playstation.com/psvr/ 
・https://www.microsoft.com/ja-jp/hololens 
・http://vrinside.jp/news/vr-ar-mr/ 
・横山隆治 CMを科学する ―「視聴質」で知るCMの本当の効果とデジタルの組み合わせ方 No.965, 974
・境治 拡張するテレビ ー 広告と動画とコンテンツビジネスの未来


*1 pAIRR技術:
宇都宮大学 山本裕紹研究室と合同会社SNパートナーズが共同開発した空中映像表示技術。
及びPIPEROID ®は株式会社コトの登録商標です。

大型ディスプレイ&
デジタルサイネージ総覧2017
(2017年7月6日発刊)にて掲載。